稲酔会

青梅線、五日市線、沿線稲酔会が11月25日、福生の田村酒造場で行われ,当会では山崎幹事長、村井相談役、中原氏の参加で、あきる野から3人羽村から3人、福生から6人プラス2人合計17人、立川、昭島は、他の行事と重複したため欠席となったのは残念なことだった。

午後1時半仲間のため 御当主の 田村半十郎氏の案内で昨年 天皇皇后両陛下が行幸された折、御案内したルートで邸内を案内していただいた。 晩秋の晴天に恵まれ、芝生や池、手入れの行き届いた庭木 特に紅葉と欅の大木が 迎えてくれ、隣接する玉川上水から引き込んだ水が生きおいよく小川をたどり、池に注がれていた。透明に透んだ大きな池には錦鯉が悠々と泳いでいた。昔この水で水車を回し精米していたという、池を取り巻く瓦葺の日本家屋は水面に映え静かなたたずまいをしていた、その中の大広間には両陛下の寛がれた痕跡があった。 裏木戸を出たところに玉川上水があり多摩川沿いの水田のために引き込んだという取水口や、玉川上水の水量を調節する為の堰があり、往時の姿が偲ばれた。

2時から事務所棟の2階ある会議場へ移り、稲酔会のセレモニーが始まった、主幹事の福生同好会の中崎氏の司会で開会、田村半十郎氏の解説で日本酒の醸造過程のビデオを見せてもらい改めて手作りの大変さを再認識した、参加者の自己紹介の後、待望の試飲会が始まった、今年作った新酒、人間でいえば18歳の娘、新鮮だけど味が荒いという、銘柄品の 田むら 50歳の円熟した味、シルバー世代に該当する超熟成酒、燗酒に適した酒、そして地元のビール、それらを飲み分けながら稲門の仲間と楽しいひと時を過ごしました。

次回の幹事は昭島稲門会、立川稲酔会とも連絡をよく取り合い、大勢のにぎやかな会となることを約束しあい、外が明るいうちに散会しました。

青梅稲門会 相談役
村井 謙介

昭島稲門会

羽村稲門会と共に、東京三多摩支部の同じブロックのパートナーである、昭島稲門会の第33回の定期総会が11月18日の土曜日、中神にある市の交流センターで開催されました。
本会からは、会計幹事の浜中茂と会長の大倉が参加いたしました。昭島稲門会には、以前、三多摩支部長を担当して戴いた折に以来、代々の会長さんに御世話になっておりました。
昨年度、新規に加入された2人の会員の紹介があ り、大学や周辺稲門会からの来賓を加え、賑やかな会となりました。
写真は第2部 ”多摩バンカラーズ”の男声コーラスの熱演の様子です。新規に参加された会員の力で、早速ホームページが立ち上げられたことが紹介され、また盛んなサークル活動や年2回の会報の発行など、参考になる活動がなされている様子が伝わってくる和やかな定期総会・懇親会でした。

(文責大倉)

三多摩大隈

2017早稲田大学校友会 東京三多摩支部大会が11月12日に 大隈記念講堂で行われた。
本会では大倉会長、山崎幹事長、村井相談役が参加した。主幹稲門会は西東京、小平が担当し午後1時に受付、1時半に早稲田大学マンドリンクラブの演奏、2時から‘ラストゲーム 最後の早慶戦’が上映され、支部会員以外も無料で公開したため、200人を超す観覧者が詰めかけ戦争に駆り出される学生に最後の思い出として、早慶の野球関係者や家族の葛藤を描き出した感動的な作品で、その当時を知る稲門会の仲間の涙を誘っていた。
第2部の式典では鎌田総長や、大島校友会常任幹事、小林23区支部長の挨拶、緒方事務局長の活動報告、アリーナ建設募金50万円の 贈呈式が行われ、大隈講堂のひな壇は厳粛の中に和やかな雰囲気でまくをとじた。
第3部懇親会が大隈ガーデンで100人余の仲間と会食、交流を深めていった。小平、西東京のメンバー50人余で会を運営、応援団の学生、チアリーダーのもと」応援歌、校歌の斉唱、最高に盛り上がったところで関東一本締めで閉会。
羽村、昭島の会長達との帰路、2年後に迫る担当主幹の構想をはなしあった。

青梅稲門会 相談役
村井 謙介

立川、稲門会総会

第44回 立川稲門会の総会が10月14日に立川グランドホテルで行われ、当会では村井謙介相談役が参加しました、大倉会長は急な法事で欠席しました。

一般会員55人の参加、来賓に大学から鈴木啓太地域コーヂイネーター、三田会から大石会長、有田副会長、白門会から村田副支部長、が参加
近隣稲門会からは、昭島、国立、小金井、国分寺、羽村、東大和、日野、福生、武蔵野、武蔵村山の会長他役員が2人ずつ参加し盛大に開催されました
定例総会では活動報告、会計報告等すべての案件が承認され、小林会長以下、新任の3人を含む31人の役員が新年度へ向け発足しました。

講演会では講師 阿久根謙司氏 早稲田実業高校の時甲子園に2度出場し、大学野球部ではキャプテンを務め、活躍し、ベストナインにも2度選ばれる活躍し、卒業後東京ガスに入社、社会人野球でも活躍、監督まで務めたが、2011年からFC東京の社長に就任し、サッカーの分野でもコーチング理論で低迷していたクラブを立て直した。2015年退職し、東京ガスライフパル推進部長に就任、電気事業の自由化に伴うエネルギー転換の第一線で活躍中、
今日の演題は 木の上に立ってみましょう FC東京の人材育成について、独自のコーチング理論でいかに各選手の自立心を引き出すかの手法を熱く語っていただいた。
各選手に対し上からの命令でなく、各自がいかに考え、独自の考え方で、チームを勝ちに導くか。上から目線で命令するのではなく、選手の目線に立ち 自分で見て、考えて、動けと、各選手のやる気を引き出すには 個人差を尊重する上司の管理態度から生まれる、それには部下の話を根気よく耳を傾け、気持ちに共感し、否定せず最後まで聞くことによって、選手の自発性が引き出される。等々実社会でも応用できる。
参加した今日の隣の席に人と 質問 回答 のオートクライン(自己分泌)あなたの好きな食べものは何ですか? に即答してもらい、なぜ好きなのですか?と突っ込むと、しばし考えて回答する、それを繰り返すと、頭の中が整理され きずき 安心するという(聞く耳を持つ)レセプター(受容器)が開き チームがまとまってゆく、良い成果につながる。会場が会話で盛り上がり。これをお互いに交代してやっていくうちにホットな会場の空気になった。その見事なコーチングに会場大拍手、楽しい経験をさせてもらった。
10分の休憩の後懇親会、中華料理のフルコースとお酒に酔いながら談話サロンで知り合った方々や、近隣稲門会の会長さんたちと語り合い、校歌斉唱、記念撮影で散会しました。

青梅稲門会 相談役
村井謙介