第28回青梅稲門会総会

第28回青梅稲門会が 6月24日 青梅市体育館内のイタリアンレストラン ガンバガンバで開催されました。

梅雨の合間の晴天に恵まれ、近隣稲門会からは6か所12人の会長他重要役員が参加、大学からは地域担当部長佐藤宏之氏、青梅三田会会長高木氏も参加
玉川副幹事長の司会で総会は始まり 村井会長から開会の挨拶 当会は三多摩地区北に属していたのが、本来の西地区に戻り、青梅線沿線の稲門会と行事を共に行い、特に羽村、昭島と2年後の三多摩地区大会の主幹事となり密接に連絡を取りながら稲門会活動を盛り上げていくことや、ホームページを活用し会の行事の報告や連絡、ペーパーレスの時代の先取り、4年前に参加したメンバーの半数が役員として活躍している事等強調した。
総会議事は橋本副会長の司会で1号議案から5号議案まで、浜中茂会計幹事による会計報告、岡部監事による監査報告、山崎幹事長による事業計画、事業予算、村井会長による役員人事案等すべた承認され、大倉新会長による挨拶で無事総会は終了。
司会は石川副事務局長に代わり、加藤和夫(旧姓川口)氏の講演会 早稲田大学硬式野球部65代主将(第100代はハンカチ王子斎藤祐樹)3年生時春季リーグ戦優勝、4年生時春季リーグ戦ベストナイン(外野手)、江川卓投手は2年後輩で対戦 した実績あり)現在 福生リトルシニア野球協会会長として野球普及活動に努めている。
加藤氏は現在青梅法人会会長、枡屋グループ(スーパーマルフジ)会長 福生稲門会副会長(福生市長加藤育夫氏は同期でマネージャーをやっていた)
参加者の質問を受けながら当時の学生野球の楽しさと活力を伝えてもらった。野球に打ち込んで社会人として生きる活力が得られたと強調していた。

懇親会に移り高木三田会会長の乾杯の音頭で楽しい会食が始まった、大学の佐藤部長から大学の現状を伝えていただき、沖倉福生稲門会長から順次挨拶をいただき、三多摩稲門会一丸となってこれからの稲門会活動を盛り上げようと意見が一致した。当会にも2人の新入会員が参加し、飲み放題のイタリアンフルコースに参加の皆さん満足、活気のある雰囲気の中で校歌斉唱、記念撮影で閉会した。


懇親会の様子(順不同)

別カメラからの画像です。